方位の線を書き込む

まず、地図上の北方位(真北方位)を確認します。自宅を中心にして地図に書かれた北方位(真北方位)と平行に線を引きます。

次に磁北方位を求めます。磁北とは磁石が指す北方位で、地図上の北方位より西側(左側)に何度かズレています。

このズレる角度を地磁気偏角といいますが、日本全国で少しずつ角度が違います。

こちらが全国の地磁気偏角

地図上の北方位から地磁気偏角の分だけ西側に角度をズラして、磁北方位を書き込みます。これを南に伸ばし南方位を書き込みます。

吉方位旅行では、この磁北方位がすべての基準となります。

南北の方位線から直角に線を引き、東西の方位線を書き込みます。

吉方位旅行では、各方位を次のように分けています。これを参考にして、方位を八つに分けて下さい。

北 方位:345度〜015度
北東方位:015度〜075度
東 方位:075度〜105度
東南方位:105度〜165度
南 方位:165度〜195度
南西方位:195度〜255度
西 方位:255度〜285度
西北方位:285度〜345度

東・西・南・北の直角方向の範囲はそれぞれ30度しかありませんが、北東・東南・南西・西北の斜め方向の範囲はそれぞれ60度あります。

これじゃあ、東西南北だけ狭いじゃないか?と思われるでしょうが、狭いなら狭いなりにいいこともあるので、あまり気にしないで方位線を書き込んで下さい。

|戻る|